読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心に残るもの 01/リニア・鉄道館

f:id:salmon12:20170506165200j:plain

 

ゴールデンウィークももう明日で終わりですね。

我が家は9連休でしたが、気づいたらもう終わりです。

 

子供が生まれるまではゴールデンウィークは金沢旅行が定番で、結婚してからは毎年行っていました。(毎年同じようなコース)

 

子供が生まれて、旅行のハードルが高く避けていました。今年こそと思っていましたが、気づいたらゴールデンウィークが始まりそして終わっていました。

昔から予定を立てることが苦手です。

 

リニア・鉄道館、息子の反応と夫の一言。

f:id:salmon12:20170506165227j:plain

(スタンプを集めるともらえる景品(磁石))

 

私は鉄道には全然興味ないのですが、それでもその迫力に「おぉ~」となりました。

すごいですね、鉄道。2階からの新幹線や列車が並ぶ姿は圧巻です。

 

息子は乗り物が好きなので、我々夫婦はきっと喜んでくれるだろう、そう思って連れて行きました。目を輝かせることを想像して・・・。

 

ところが息子、顔ひきつらせ泣く(もうすぐ3歳)「抱っこ抱っこ~(うぇ~ん)」

私と夫「・・・(?)」

 

せっかくなので、新幹線の前で息子の写真撮りたいじゃないですか。

新幹線の前に一人で立たせようとすると「やだやだ、動いちゃう~こわい~」

 

そこで分かりました。どうやら息子は展示されている新幹線が動くと思っているようで、こわいと。さらに暗い所も「お化けが出る」と怖がる。

結果全然楽しそうではなく、出たいと言われました・・・。

 

普段、バスターミナルや電車の終着駅では、飽きずにずーと見ている子です。

 

子供の視点って親が想像出来ないことの方が多いですね。

(そんな子は誰ひとりいませんでしたが。皆楽しそうにはしゃいでいました)

 

私はせっかく来たのだし、「これは動かない、大丈夫、一緒に見よう」と結構必死でした。ですが、息子は相変わらず。「もうお母さん残念だよ~」と言っていたところに夫の一言。

 

「展示してある電車に怖がって泣いたという思い出が出来たね」

 

(なるほど~そうか~)となり、そこからは必死さはなくなりました(笑)

 

夫は息子にお土産まで買ってあげていました。

 

息子が唯一楽しそうにした箇所は、2階休憩所に置いてある小さな小さな動く模型でした。(水槽程の大きさ) 

 

家に帰ると、息子「楽しかったね~電車すごかったね~」ですって。

彼なりの楽しみ方を受け入れてあげないといけませんね。

 

最後に、帰りに寄ったお店にて 

f:id:salmon12:20170501174926j:plain

水筒を買いました。水筒、ゴムパッキンなくしませんか?

 

私が悪いのですが、よくなくします。気付くと、ゴムパッキンがないのです。

 

いつもゴムパッキンだけ買い替えていましたが、かなり消耗していたということもあり今回は本体も全て買い替えました。

 

ゴムパッキンがなく、保冷保温できるタイプ。しかも飲み口が広いので、洗いやすい。

 

息子もお揃いです。長く使えるといいです。